トップ&スタッフインタビュー
INTERVIEW

セールスエンジニア 福留さんの写真

[新卒]2018年入社 / 福岡支店
セールスエンジニア

好きな言葉
猪突猛進
主な仕事内容
・ユーザー様へのごあいさつ
・新規の飛び込み営業
入社した理由はなんですか?
母が看護系の仕事をしていたため、看護師の負担を減らすシステムを提供しているというところに興味を持って入社したいと思いました。
入社して8ヶ月、仕事には慣れましたか?
まだ慣れませんが、楽しさを感じています。
会社の好きなところ・やりがいを感じているところ
飛び込み営業では基本、はね返されるが、たまに話を聞いてくださるお客様もいるので楽しいです。
どこの病院を訪問するかは、自分で調べます。どのルートで行けば効率が良いか考えるのが大変な時があります。
ただ、自分で営業ルートを試行錯誤できることは楽しいです。実際回ってみてこの回り方は効率が悪いな…と思えばまた違うルートを考えてみたり。数多く回れる方がいいので。
会社から求められていること
一番はお客様から信頼を得ること、ユーザーからの信頼を得ることを求められていることと考えております。
印象に残ったできごと
病院から、弊社のシステムに興味があると連絡を受け、実際に興味深く話を聞いてくださったことが印象に残ったできごとです。現在も話を続けています。
働く様子の写真
成長できたと感じることは
人と接することが多いので、人見知りだったところが改善されてきたと思います。
会社への要望
特にありません。
自分自身で大切にしていること
初対面でお会いする人への第一印象をできるだけ良くすることです。
なるべく笑顔で、服装もちゃんとしてお会いすることを大事にしています。
これからの目標
営業の仕事をしていますが、まだ結果を出せていないのでちゃんと結果を出すことです。
来年までには出したいと思っています。
後輩に向けたメッセージ
営業・開発と区別はありますが、開発でも病院に直接訪問して会うこともありますし営業でもシステムの中身をさわったりすることがあるのでまずは勉強することが大事かなと思います。会社に入ってからも日々勉強ということを頑張ってもらいたいなと思います。
後輩に向けたメッセージを発信する福留さんの写真
入社してみてどうですか
いろいろ新しい経験ができてよかったと思います。

一日の流れ

一日の流れ8:00出社 9:00訪問する病院の調査 10:00午前中訪問 12:00休憩 13:00午後訪問 17:00訪問した病院のまとめ 18:00退社

Special Question
社長ってどんな人?

厳しくもあり、全社員にも気を掛けてくれる方、たまに電話をかけてくれて素晴らしい方だなと思ってます。
週一くらいで電話をくれます。

セールスエンジニア 前田さんの写真

[中途]2017年入社 / 大阪支店
セールスエンジニア

好きな言葉
今の努力が未来を作る
主な仕事内容
営業として関西エリアを担当しております。
ユーザーの病院に対して、より満足してもらえるようにメンテナンス・更新をしたり、新たな商材のご紹介を行います。
新規開拓も若干行っています。
入社した理由はなんですか?
前職の有形商材の販売より無形のもの商材の販売の方が力がつくと聞いたことがあって、それでエスエフシー新潟に入社しました。お茶や洗浄液であればものが決まっているので、それをいかに流通するかだと思いますが、システムの商売になってくると形がないのでどういった仕様で使えるようにするかから始めていかなければいけない、ゼロからつくるイメージありました。そういうところで力を付けたいと思ったところも、転職理由ですね。
実際2年経ってみていかがですか
やはり、楽しい部分と厳しい部分と両方あります。
自分自身で契約を取ったりですとか、それが納入されてお客さんに喜んでもらえると思うとすごい楽しいなという反面、値段が1万、2万という安価な商品を売る仕事ではないので、どうしても決済をとるまでの待ちの期間が長くなります。そういうところで、営業として数字を出さなければならない。どういう風に進めていかなければいけないと考えるのが大変だなと思います。
入社する前と後のギャップです。
契約が決まったこともうれしいですが、納品者へ説明会を行う時、看護婦長さんであったり、看護部長さん達がうれしそうにしているのが何よりだなという感じがします。具体的にお役に立てたという気がするので。
難しいな厳しいなと思うときは
待ちの期間が長いことが一番厳しいのではないでしょうか。
いままで携わってきた仕事は1ヶ月、2か月のスパンで話をして商談が決まり、注文もらえる、もらえないが決まることが多かったのに対し、この仕事になると1年越しとか2年越しとかもザラにあるので自分もどう振舞ってよいか分からないところが厳しく感じることもあります。買いのタイミングではない時に買ってよ、買ってよといっても仲が悪くなったりすることがあるので、ちょっと興味を引きながらほしいタイミングでこれありますよ、これありますよで続けていかなければいけない。自分の立場・病院さんからみた立場が違うところが大変だったりします。
会社から求められること
今使用していただいているユーザーさんとの信頼関係ですとか評判を上げるですとかが一番大事かなと。
そういうことが会社から求められていると私は感じています。
それが上手くいくと次につながったりユーザーさんを紹介してもらったりするので、信頼関係を日々大事にするように心がけています。
印象に残ったできごと
病院に初めて名刺を持って行っても断られなかったことです。今までとは違い、いらないよ、もうこないでと言われることがなかったのは、恐らく会社としての評判がいいとか、いろんな病院に浸透しているということではないでしょうか。
入社して成長できたことは
大局を見ながらある程度動けるようになってきたかなと思います。前職では1か月2か月の勝負だったので気合で押してしまえとかよくやってしまっていたのですが、今ではそういうことが一切できない業界になるので。
働く様子の写真
会社がこうなったらいいなと思うところは
いろんな人が入ってきて長く続けてくれる人が増えると、もっともっといいのかなと思います。ノウハウも蓄積されて引継ぎも上手くいくと思うので、いい意味で人が増えて、長く続けてもらえるのがいいのかなと思います。
これからの目標
自分が担当している地域では顔になるようにというのを目標としています。
そのあとに紹介とか様々なことがあって売り上げ達成ですとか、会社に貢献できることが目標です。
新入社の方に向けて
個性的な会社だと思います。一緒に働くのであれば何十年も一緒に働けると嬉しいなと思います。
自分のやりたいことはやる。知識関係なく、情熱が必要だと思います。
エスエフシーのここがスゴイ
みんな自由だがやるときの集中力が高い。
ゼロからシステムを作ることはすごいことだと思います。
後輩に向けたメッセージを発信する前田さんの写真
エスエフシー新潟の社名は県外でも通用するか
関西でもエスエフシー新潟は通用するし、病院の方も覚えてくださる。
今までの実績がしっかりあるので評判がある、これまでの先輩がスゴイ。
歴史があるということは本当にすごいことです。

一日の流れ

8:00出社 9:00営業の準備
確認 10:00営業回り 12:00休憩 13:00営業回り 15:00書類作成 18:00退社8:00出社 9:00営業の準備
確認 10:00営業回り 12:00休憩 13:00営業回り 15:00書類作成 18:00退社

Special Question
社長ってどんな人?

人思いで人情が深い方。
新潟と大阪で離れているけど、でもよく見ていてくれる。厳しい時もあるが人情が深い人かなと思います。本社に行った時もよく話をしてくれ、前に話した話もしっかり覚えてくれている。仕事では厳しいですが。社風というか、良いところはいい、悪いところは悪い、包み隠さず言ってくださるということは、成長できるという面ではありがたいです。厳しいけどやりがいがあります。

システムエンジニア 小野さんの写真

[新卒]2018年入社 / 東京支店
システムエンジニア

好きな言葉
十人十色
主な仕事内容
・マスタの整備や更新作業
入社した理由はなんですか?
医療関係に就きたいと考えており、またコンピュータにも興味があったためです。
会社の好きなところ
職場の雰囲気が良いところ。
自分のペースで仕事ができるところが好きです。
会社に入って大変だったこと
自分が担当している仕事のプログラム修正があり、夜遅くまで対応したことです。
入社してから印象に残ってること
取引先に上手く対応できるようになりました。
電話もスムーズに受け答えできるようになったことです。
会社に入って変わったこと
ちゃんとした敬語を使って話せるようなりました。
働く様子の写真
これからの目標について
パソコン以外の知識、自分に足りないものが見えてきました。
経験が足りないと自覚しています。
エスエフシー社員はどんな人
働き方の自由度が高いが、みんな責任感がある人です。

一日の流れ

8:00出社 マスタの入力作業 12:00休憩 マスタの入力作業 18:00退社8:00出社 マスタの入力作業 12:00休憩 マスタの入力作業 18:00退社

Special Question
社長ってどんな人?

1対1で関わることは少ないですが、話などを聞いていても本当に信頼できる人だと感じています。

システムエンジニア 塚田さんの写真

[新卒]2014年入社 / 高崎支店
システムエンジニア

好きな言葉
為せば成る
主な仕事内容
看護勤務システムを担当していて、営業が受注してきたものの打合せと作成と納品の一通りを行っています。
私は高崎支店なので群馬県を中心に隣県の栃木・長野・埼玉を含めたエリアがメインの担当です。
ゼロから作り出す人ですか
パッケージが既にあるので、そこを基にお客様の要求に合わせて設定を変えたり、レイアウトを変えたりします。ただ、今後は要望に対してそのまま受けるだけではなく、既にある機能を代用することでその要望を叶えられるのであれば、そちらも提案できるようにしていきたいと思っています。
会社の好きなところ
好きなところは話しやすい人が多いところです。
特に開発の人だと話しやすく、結構気楽に相談しています。どうしても先輩だと委縮してしまうこともあるのですが、開発部の部長達が話しやすい雰囲気を作ってくれるので、こちらからとても話しかけやすいです。
働いていく中での厳しさはなんでしょうか
お客様とコミュニケーションをとることが大変だなと感じます。
自分では「こういう風にすればよかった」と思っていても、お客様は実は全然違うようにしてほしかった、ということもあります。実際に食い違いみたいなことがあって、それで揉めてしまったことがありました。しっかり合意のコミュニケーションがとれていないと、本来発生するはずのなかった仕事が発生します。
お客様とコミュニケーション不足に
ならないために行っていることは
やはり電話だけでは伝わらないことがあるので、メールなどで紙面に起こしたうえで、さらに電話することが大切だと考えています。メールなどの文章は文字として残るので、そちらを利用しながら、認識の確認を取っていければと思っています。
働く様子の写真
会社から求められていること
納期に対して自分を含めたスタッフがちゃんと動けているかどうかの管理・把握を行えるようにするミッションが与えられています。管理者・監督者ではないですが、他の人の状況をみて把握するような能力を求められているのではないかと思います。
以前は自分のことで精一杯だったのですが、他のところまで目を広げていくことが必要だと感じています。
会社に入社してから印象に残っていること
トラブルがあって自分一人で対処しきれないときに、支店の皆が一体となってトラブル・案件に向かって協力していった、ということが印象に残っています。その時の経験が、また次の経験に活かせるようになると思います。
自分自身の変化はありますか
お客さんの大事なところが分かるよう・見えるようになってきました。
エスエフシー新潟はこんな社員が多い
個性を持った方が多いと思います。
人をサポートするのが得意な人とか、サポートは苦手だけれども技術プレーヤーとしてすごく優秀な方とか。
人間ならそれぞれ得意不得意がでてくるのは当然なのですが、いろんな分野で得意な人がいます。
私自身は、正直あまりコミュニケーションは得意ではなくて、話すのも得意ではない方です。
結構それは、いろんな人から言われているのでそれを補うためにどうするかというところで資料をなるべくいっぱい用意して、理解してもらえるようには心がけています。
これは、先輩社員の方たちから「話すことが苦手なら資料を用意したら良い」というアドバイスを頂いたことがきっかけです。
やりがいを感じる時
自分の納めたものに対してお客さんが「これができてだいぶ業務が軽減されましたよ」などと言ってくださった時は、とても嬉しかったです。
また、自分の納品物に対して入金があったことを聞くと、自分が納めたものに対してしっかりお金を払ってくれた、自分がしっかりやったんだという実感が湧いてやりがいを感じます。
後輩に向けたメッセージを発信する塚田さんの写真
今後の目標
社内の業務の効率化を考えていけたらと思っています。
今社内の皆が忙しくしているのもあるので、負担を軽減する仕事の効率化ができる何らかの仕組みがあれば、どんどん売り上げや納品がスムーズになるかなと思います。
また、チェックミスもなくして、トラブルも防げるようにしていきたいです。
後輩社員になる方へのメッセージ
いろんな知識を持っていてもらいたい。要は会社に入って思いがけない知識がいろんなところで使われることがあるので、いろんな視野からモノをみて、いろんなところから知識を吸収してもらえたらいいなと思います。パソコン系や病院関連以外のところでも雑談知識が役立つことがあるので、仕事に関係ないところでもいろんな視野で物事をみてほしいと思います。
会社のウリはなんですか
IT系の会社なのでコンピューター関係に詳しいひとが多いので、必然的にパソコン関係の知識が入ってきます。
エスエフシー新潟の強み
お客さんと仲が良いところです。
お客さんの目線になって考えられるところが弊社の強みだと思います。

一日の流れ

8:00出社 9:00メールチェック 10:00午前中訪問 12:00休憩 13:00午後訪問 17:00メールチェック 18:00退社8:00出社 9:00メールチェック 10:00午前中訪問 12:00休憩 13:00午後訪問 17:00メールチェック 18:00退社

Special Question
社長ってどんな人?

社員一人ひとりと話をし、ある程度把握してくれているので、面倒見がいい方なのかなと思っています。
雑談もします。社長がゴルフ好きで、私もゴルフをするのでゴルフ関連の話をしたりします。

システムエンジニア 佐藤さんの写真

[新卒]2013年入社 / 新潟本社
システムエンジニア

好きな言葉
生きることは苦しむことだ
主な仕事内容
医療機関を中心としたお客様に、看護システムや物流システム、栄養システムなど、自社開発したカスタマイズパッケージのシステムを提供するのが主な業務。その中で、開発職として、お客様との打ち合わせから仕様書の作成、システムの機能追加、サーバーやクライアント機器の構築などを一貫して担当しています。
内容にもよりますが、1つの案件で納品までにかかる期間は3か月ほど。必要に応じて、北海道から九州まで、全国のお客様のところに出向いてサポートにあたります。
また現在、新潟ブロックの開発リーダーを務め、法令の改正や社会の変化に対応したソフトウェアの開発やシステムの改善にも取り組んでいます。
大切にしていること

日々勉強して知識をつけ、お客様のサポートに役立てられるよう努力しています。
お客様も通常の業務が忙しいので、新しい法律などの情報を収集するのは大変です。
ですから、こちらがしっかりと勉強して、システムの仕様に適切に反映することが大事だと思っています。
また、お客様の要望を全て受け入れて作ったシステムが、必ずしもお客様の役に立つとは限りません。
要望通りに作った結果、数年後に問題が発生する…というようなことが起こらないよう、日ごろから勉強して、こちらから確実な仕様を提供することを心がけています。
エスエフシー新潟のここがスゴイ
お客様にとって「融通が利く会社」というところでしょうか。
頂いた要望を大切にして、親身になって相談に乗り、なぜそれが必要なのか、要望をどうやって実現するかを考え、可能な限り実現する。そこがスゴイところでもあり、弊社がお客様に受け入れていただけている理由なんじゃないかと思います。
大変だと感じること
「病院」は全国各地にあるので、まず打ち合わせのためにそこまで行くのが大変、というのもありますね。
また打ち合わせの際は、何について話し、何を決めるかを明確にして伺わないと、遠方まで何度も足を運ぶことになり、時間や仕事に追われる一方で、肝心なシステムがいつまでたってもできあがらない、なんてことにもなりかねません。そうならないために、事前に課題を明確にして適切な提案をする…といった努力が必要になってくると思います。
仕事をする上でモチベーションになっていること
お客様に寄り添ったサポートができる、ということですかね。
お客様の近くで接していると、こちらの対応に、ダイレクトに反応が返ってきます。もちろん上手くいったりいかなかったりというのはあるんですが、結果だけ見るのでなく、その過程も評価していただけるし、時には、お客様に助けていただくこともあります。仕事のパートナーとして、一緒にシステムを作り上げていく感じですかね。それがすごく楽しくて、やりがいを感じるし、モチベーションにもなっています。
ターニングポイントになったできごと
入社してすぐに大きな案件を担当したのが、ターニングポイントだったかもしれないですね。
大きなプロジェクトだったので、いろいろな企業が参加していたんですが、入社したてで何もわからない時に、社内はもちろん、他社のSEや営業の方、お客様から、いろいろなことを教えていただいて、貴重な経験ができました。
働く様子の写真
会社への要望
お客様に臨機応変に対応するところは、弊社の良いところだと思うんですが、そういった点だけでなく、社内のサポート体制も充実させられたらいいな、と感じています。
例えば、ベースとなるパッケージシステムのバージョンアップなどの開発ですが、人によってはなかなか上手くいかないこともある。そんな時に、問題が起きてからでなく、起きる前にサポートできる体制が整えられるといいんじゃないかと思います。
入社6年目を迎えて働き方の変化は?
リーダー的な役割や、管理する立場、判断する立場になってほしいと会社から言われるようになりました。また会議でも、前に立って意見をまとめたり、その場で方針を判断するようなことも求められるようになってきました。
今後の目標
徐々にリーダー的な役割を求められるようになってきたので、開発の体制やパッケージ版の根本的な改善など、大きなところに着手していきたいと思っています。
入社希望の方に向けて
コミュニケーションが苦手でも、今はまだプログラムの勉強をしていなくても大丈夫。「こうじゃないとダメ」というのはないです。むしろ、コミュニケーションで言えば「相手の話を大切にして聞くことができる」とか、人柄が大事なんじゃないかと思います。
技術的な面では、何か簡単なプログラムやシステムを作って公開してみるとか、まずは「遊び」から入ってみるのもいいかもしれません。パソコンやプログラムに興味を持っている方であれば、特に問題なく馴染んでいけると思います。
後輩に向けたメッセージを発信する佐藤さんの写真
エスエフシー新潟の魅力
下請けとしてではなく、お客様と直接やりとりしてシステムを作って納品する、それを一貫してやれるところですね。
そうやって、モノづくりの楽しさを経験できるのが魅力だと思います。
休みの日の過ごし方
休日2日の内、1日はゲームをしています。午前中ゲームの開発をして、午後から遊ぶ感じですかね。
会社の風土
真面目で素直な社員が多いです。
そういった真面目さとか真剣な姿勢が、より良いシステムの提供につながると思っています。

一日の流れ

8:00出社 10:00納品案件の設計
 12:00休憩 13:00開発の作業 17:00メール・電話対応 18:00退社8:00出社 10:00納品案件の設計
 12:00休憩 13:00開発の作業 17:00メール・電話対応 18:00退社

Special Question
社長ってどんな人?

いろいろな知識を熱心に日々勉強されているんだなというのが分かりますね。会社で何か始めるとなれば、まずは関連の書籍を呼んだり、いろんな人に聞いてみたり。たくさん知識を持ってられるんだなっていうのは分かりますね。社長をみて勉強しないといけないなと思います。

代表取締役社長 苅部社長の写真

代表取締役社長
苅部社長

好きな言葉
客観的事実に素直に
プロの集団
エスエフシー新潟はどんな企業
私たちは、自分たちでつくったソフトウェアを自分たちで売っている会社です。
これは、業界によっては当たり前かもしれないですけど、ソフトウェア業界は下請会社が多く、自社で作って自社で売っている会社は全国的にも非常に珍しいと思います。なぜそこにこだわっているかと言うと、まずお客様から離れたらいいものは作れないだろうと。それが私たちの原水にあります。あとは責任っていうのを考えたときに人様がつくったソフトは売れないです。お客様は病院です。社会貢献っていう言葉を使うのであれば、我々は医療費削減に対してITの分野から貢献している会社ということになります。
エスエフシー新潟の魅力とは
やっている仕事を胸張って言える。病院のためになるソフトを作って、それを全国いろいろな病院にきちっと提供して、自己満足ですけど、社会貢献してる気にはなります。
どういう人材がほしいと言われたら
答えはひとつで、正直な人です。
文書偽造とかデータ偽造とか嘘つくことが原因でいろいろな事件がありますけど、私たちは、絶対データに嘘をついちゃいけない。正直であることは、精神的な強さが要求されますが、正直にきちっとやって、正々堂々やって、それは自分で快適です。
会社を自慢するなら
責任感がある会社で、ケツをまくったことはないです。受けた仕事は絶対最後までやっている。
社会に必要な仕事なら儲からなくても、黒字だったら部分的に赤字でもやった方がいいんじゃないかと、そういう会社です。うちの経営の中心はお客様づくり、お客様から利益はでるからお客様をつくろうという会社。
完璧にニッチな業界。だから世間一般の方からは知られていないけど、その市場のシェアは高いです。
会社の魅力を語る苅部社長の写真
会社の課題的なところ
今具体的には無いけれど、そんなにいつまでもソフトの時代は続かないだろうなと漠然と思っています。例えば電卓、昔は電卓を5千円くらいで買っていた。今はみんな電卓なんて100円ショップでも買えます。普及するということはそういうことだと思うんです。ソフト業も時代が変わるとどうなるかわからない。別の事業も考えた方がいいのかなって、実は思ってますけど。今のうちに時代の先を読んで動きたいと思っています。
厳しさを感じること
良いSEがいっぱいる会社にしたいんです。例えば週休3日にして、良いSEを増やす。
良いSEとは、お客様(相手)の仕事をちゃんと分析できる人。相手の仕事に興味を持つか持たないかが大きいです。もっと言えば我々は病院職員のワークシートを作るのが仕事なので、良いSEだったら出力を病院の人がどういう風に利用して仕事してるのかなって、そこに興味が持てる人はみんな良いSEになれると思います。
エスエフシー新潟でうまくやれる人
とにかく正直な人が一番。二番目は相手の仕事に興味を持つことの二つだと思います。
たまに、口出すルールがあって、私の言うことには、文句をつけてもいいけど、データには文句をつけるなと。自分の主観より客観的データを優先と思える人のほうがいいです。

うちの営業で楽なのは、ノルマが無いところです。営業のノルマがないのは楽ですけど、楽じゃないのはお客様に対してYESと言わないことが多いってことです。「それはソフトでできません。」とか「それは手でやったほうが効率がいいです」とか、「4月1日に稼働させてよ」と言われ「4月1日は混んじゃって、5月1日稼働でお願いします」とか、お客様の言うことに対して、気持ちよくYESと言えないことが多い、それが営業の辛いところ。

飛び込みきついと思われるかもしれないけど、私はきつくないと思っています。なぜなら売れるわけないの分かっているから。うちが売れるのはユーザー紹介だけです。じゃあなぜしてもらっているかというと、お客様がありがたいと思っていれば、みんないいお辞儀してますし、お客様がありがたいと思っていなければ腰45度に曲げたって、やっぱりいいお辞儀じゃないと思います。お客様にありがとうと思うには、飛び込みして断られるのが一番ですよね。それだけのために飛び込みやってますから。やっている人はきついかもしれないけど飛び込みから売れって言ったこと一回も無 いんで売らなくていいんだったら楽じゃないかと。断られてください。飛び込みで。

売るのが大変だって言っている間は二流なので、買う方が辛いって分かって一流の営業マンです。それを認識したうえで買う人のお手伝いをする。これがうちの目指す一流の営業マンです。
SEの大変さ
自分のお客様がシステムを入れる上で、必ずしも優秀な人ではないってことですよね。
お客様の望むこと・目的を把握しつつ、それに向かう最善策を見つけて、時にはお客様の言うことを聞いたりいなしたりしながら本来やるべきシステムを入れていくというのが大変だと思います。
仕事のやりがいを語る苅部社長の写真
こういう人材が欲しい
やっぱり成長したいと思う人です。理論も、社会環境も、診療報酬の点数が何点という経済環境も変わるので、病院はものすごく変化が激しい。それに対応するために、自分たちもずっと勉強し続けるんです。ずっと勉強し続けて新しい知識を入れながらやっていく。そういう意味でやっぱり勉強する=成長と捉えていまして、成長したいって思う人に来てもらいたいです。
ありがたいことに変化はお客様が教えてくれますし、本を貸してくれたりします。勉強はほとんどが読書ベースなので、読書好きで成長したいと思える人が良いです。