ITから病院をアシスト

「SFCのソフトを
使っていれば安心だ」

と言われる会社を目指します。

私たちは医療に関するソフト開発を専門に
高度な技術と実績を培ってきました。
日々進歩する医学理論や行政の動きを敏感に取り入れ、
顧客ニーズの追及で生まれたSFCのシステム開発は、
医療系スペシャリストから高い評価を得ています。

オリジナルソフトウェアの

  • 企画

  • 開発

  • 制作

  • 販売

  • 保守

まで一貫体制

当社が販売する商品は自分たちが
創造・開発するソフトのみ。
ここに当社の強みがあります。
直接お客様の求めることを聞き取り、
そのソリューションに最大限注力できます。

エスエフシー新潟の領域は
すべてお客様を中心とした
一貫体制です

SFCは、医療システム開発を専門に事業を展開。
お客様の視点を重視し、
「誰でも容易に扱える、
心の通い合うシステムづくり」

をモットーに、お客様の明るい未来に貢献します。

自社製品
全国900病院への導入実績

確実にお客様のニーズを掴み、オリジナルソフトとして実装します。
ITの側面から貢献することこそ当社の存在価値です。
地道ですが、確実に全国の病院で
導入数を増やして
います。

導入実績全国900病院

お客様の声

医療法人赤城会三枚橋病院 奈良様

困ったときに
すぐ駆けつけてくれる、
心強い存在です。

医療法人赤城会三枚橋病院
総務部 総務課 課長補佐 奈良 卓也様

導入いただいている製品

SFC看護職員勤務予定表作成システム

エスエフシー新潟のシステムを導入してどんな変化があったのかを教えてください

指静脈認証システムは、タイムカードの打刻を指の静脈でできます。
私が以前、務めていたところでは、タイムカードの機械の前に長蛇の列ができていました。
同じ時間帯に人が並ぶことがありましたが、指静脈認証にしてからは並ぶことなく、スムーズに打刻ができています。

こちらではどんなシステムを導入していますか

有給休暇の管理をこちらのシステムを使うことによって、簡単に管理できるようになりました。有給休暇は、なかなか取得できないことがありますが、今年(2019年)から、有給休暇は必ず取得しなければならなくなりました。
このシステムを使うことによって有給休暇の管理が非常に簡単になり、分かりやすくなりました。使っている側としても各部署の方に有給休暇のことを伝えることができる点では、非常にありがたく思っております。
また、困ったことがあったときは、エスエフシー新潟の方たちがすぐ駆けつけてくれます。そういった意味でも近くにいて、私たちのことを守ってくれています。
すぐに対応していただけることは、非常にありがたく思っております。心強いですし、一緒に遅くまで残っていただいて、対応していただけるので、本当にありがたく思います。

医療法人赤城会三枚橋病院 渡邊様

医事課 渡邊 倫子様

エスエフシー新潟に期待するところは

いまでも、十分期待には応えてくださっていると思いますが、これからも一緒に院内のいろいろな部分の改善、時間の削減等に向けて力を合わせてやって行っていただきたいと思いますので、いつでもお電話したいと思います。

このシステムを導入して、働き方が変わったということでしょうか

残業に関しても、ひとりだけに偏っていた月があったとしても、それを翌月に何名に振り分ければ残業が平均できるかは、このシステムの表を見て確認ができるので非常に助かっております。

製品情報

SFC看護職員勤務予定表作成システム

勤務予定表の自動作成をはじめ、
看護部門における事務処理の自動化、省力化を実現

「SFC看護職員勤務予定表作成システム」は、勤務予定表の自動作成をはじめ、勤務実績管理・統計、入院基本料の施設基準届出書類の作成、超過勤務時間管理、職員経歴管理、研修会管理、人事評価管理など看護部門の管理業務看護部門における事務処理の自動化、省力化を実現いたします。

SFC看護職員勤務予定表作成システムのデモ画像

SFC栄養管理システム

病院栄養管理をアシスト

「SFC栄養管理システム」は食数管理・献立管理・材料管理・統計管理をより正確に、迅速に処理し、栄養管理部門の効率化を実現いたします。

SFC栄養管理システムのデモ画像

SFC物流管理システム

物流管理をアシスト

「SFC物流システム」は、中央材料室、会計課等での物品請求伝票をシステム化し、取扱物品の標準化の推進、適正な購買・在庫・消費管理及び効率的な供給方法の確立を目指すシステムです。
対象物品としては中央材料室、ディスポ製品・滅菌製品・一般消耗品を対象とします。

SFC物流管理システムのデモ画像

SFC臨床検査システム

検査業務全般の省力化を実現

検査業務全般の省力化を実現します。

  • 1. 採血ミスの解消
  • 2. 検査時間の短縮
  • 3. 業務の省力化実現
SFC臨床検査システムのデモ画像

SFC透析管理システム

透析管理業務をアシスト

患者情報・透析記録を一元化することにより、
事務作業が軽減され本来の看護業務に時間を費やすことができます。

SFC透析管理システムのデモ画像

会社情報

会社名 株式会社エスエフシー新潟
代表者 代表取締役社長 苅部 宣輔
設立 昭和54年9月
資本金 8,000万円
役員
代表取締役社長 苅部 宣輔
取締役 品田 聡
取締役 齋藤 道
取締役 山田 貴之
取締役 白井 史之
取締役 瀬賀 弘治
取締役 小野 隆浩
取引銀行 第四銀行/北越銀行
Webサイト http://www.sfc-niigata.co.jp/
採用サイト https://www.sfc-niigata.com/saiyo/
外観画像

所在地

  • 本社

    〒950-0963
    新潟県新潟市中央区南出来島1丁目10番21
    TEL:025-282-2233025-282-2233 
    FAX:025-282-2234

  • 東京支店

    〒101-0032
    東京都千代田区岩本町2丁目11番7 
    A&Kビル6階
    TEL:03-5825-758503-5825-7585 
    FAX:03-5825-7586

  • 仙台支店

    〒982-0817
    仙台市太白区羽黒台23番30
    TEL:022-244-8366022-244-8366 
    FAX:022-244-8367

  • 高崎支店

    〒370-0861
    群馬県高崎市八千代町1丁目16番4
    TEL:027-320-8622027-320-8622 
    FAX:027-320-8623

  • 大阪支店

    〒560-0085 
    大阪府豊中市上新田1丁目24番
    千里中央パークヒルズM棟204号
    TEL:06-6834-144106-6834-1441 
    FAX:06-6834-1442

  • 広島支店

    〒731-0154
    広島市安佐南区上安2丁目4番5
    TEL:082-832-8327082-832-8327 
    FAX:082-832-8337

  • 福岡支店

    〒815-0084
    福岡市南区市崎2丁目10番31
    TEL:092-534-6881092-534-6881 
    FAX:092-534-6882

沿革

昭和54年9月 新潟市関屋田町1丁目で創業
昭和54年9月 新潟県で最初のパソコン専門店としてスタート
(株)システムズフォーミュレート
(コモドール社製品販売)フランチャイズ1号
資本金 480万円
昭和56年9月 沖電気工業株式会社が「if800 model20」発売を機に沖電気製品の販売開始
昭和59年9月 新潟市関屋本村町に移転
マイコンショップからシステム開発に業務内容を変換
「SFC栄養管理システム」桑名病院様に納入
昭和61年4月 「SFC看護職員勤務予定表作成システム」国立西新潟病院様に納入
「SFC栄養指導システム」国立松本病院様に納入
平成2年7月 資本金 1,000万円に増資
平成3年6月 大阪支店開設
「SFC支出負担行為処理システム」国立村松病院様に納入
平成5年3月 板橋区成増に東京支店開設
平成7年6月 「SFC臨床検査システム」国立西新潟中央病院様に納入
平成7年9月 新潟市南出来島1丁目に新社屋建設 移転
平成8年7月 資本金 4,000万円に増資
平成8年9月 港区浜松町に東京支店移転
平成9年1月 年俸制スタート
平成9年7月 資本金 5,000万円に増資
平成10年6月 高崎市八千代町1丁目に高崎支店開設
平成11年4月 福岡市中央区那の川2丁目に福岡支店開設
平成12年10月 資本金 8,000万円に増資
平成14年9月 中国準備室開設
平成15年6月 千葉市若葉区貝塚町1274に千葉支店開設
平成17年2月 仙台市太白区羽黒台23番30に仙台支店開設
平成19年9月 埼玉県さいたま市見沼区大谷1447番7に埼玉支店開設
平成20年2月 広島市安佐南区上安2丁目4番5に広島支店開設
平成23年8月 大阪府豊中市上新田1丁目24番に大阪支店移転
平成25年7月 名古屋市千種区日岡町3丁目5番に名古屋支店開設
平成26年8月 さいたま市大宮区三橋2丁目157番6に埼玉支店移転
平成27年9月 福岡市南区市崎2丁目10番31に福岡支店移転
平成28年11月 横浜市戸塚区吉田町1127番11に横浜支店開設
平成30年8月 千葉支店、横浜支店を東京支店へ統合
東京都千代田区に東京支店を移転

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

025-282-2233 025-282-2233

受付時間 8:30 - 17:30(新潟本社)

Webからのお問い合わせ

お名前必須
フリガナ必須
電話番号任意
郵便番号任意
ご住所任意
メールアドレス必須
メールアドレス(確認用)必須
送信確認必須
PAGE TOP